大雨注意報

雨パ好きが管理するポケモンブログ。不定期更新。シングル以外も扱う可能性出てきた。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ポケセンカップ使用PT(ライコウローブ積みサイクル)

ライコウブシンパル
ウルガマンダ598.gif


11/2~4に開催された公式大会「ポケセンカップ」にて使用したPTです。
88戦65勝23敗で最終レートは1700。順位は138位。

○ライコウ
臆病@光の粘土 プレッシャー
191-×-102-135-120-183
10万/吠える/光壁/リフレク

○ローブシン
慎重@残飯 根性
209-160-119-×-128-65
ドレP/マッパ/しっぺ/ビルド

○パルシェン
意地っ張り@珠 スキルリンク
149-161-201-×-69-95
氷柱針/ロクブラ/礫/からやぶ

○ウルガモス
控えめ@ラム 炎の体
191-×-86-170-132-146
文字/さざめき/めざ地/蝶舞

○ボーマンダ
控えめ@龍ジュエル 威嚇
171-140-115-167-101-146
流星/文字/雪崩/寝言

○ナットレイ
慎重@オッカ 鉄の棘
181-116-162-×-165-47
ウィップ/電磁波/宿り木/ステロ

【PT構築】
興味のあったライコウローブパルの並びから構築を開始しました。
壁を貼って積み、殴る形をコンセプトにしています。
ライコウローブパルから、攻撃範囲+相性補完が優秀で積み技も使えるウルガを採用。
紆余曲折を経て苦手なポケモンを狩るマンダナットを採用して6匹完成しました。

【個別解説】
○ライコウ
~調整~
H16n-1
S最速
余りB

壁貼り役兼積みポケ流し。壁を貼った後、対面で舞ってくるウルガやカイリューを吠えるで飛ばす。
構成は試行錯誤してこれに落ち着いた。
配分に関しては、壁貼りを安定させるためのほぼHS。
ボルトロス(化身)に強いコマでもある(10万でほぼ確2)。

○ローブシン
~調整~
H16n+1
Dぶっぱ余りB

残飯を持たせ場持ちをよくしたビルドブシン。
壁があると、グロスやカイリューの前でも強引に積むことができる。
特殊方面も、ポリ2やスイクン等、生半可な火力の前では積むことが可能。
ヤドラン等のこちらに打点がある+物理高耐久のポケモンが相手にいない場合、3タテを容易に出来る強力なエース。

○パルシェン
~調整~
H10n-1
Sからやぶでスカーフバンギラス抜き抜き抜き
余りBD

エースその2。A特化+珠により火力がおかしいことに。
破り氷柱で急所率を含めるとB特化クレセすら乱数で落ちる。
Sに振らないのでラストの枠は礫で確定。
スカガブやボルトに隙を見せずに狩ることができる。
タスキではないパルは破るタイミングが難しいが、このPTの場合はガブやカイリューを呼ぶので、
それら龍に死に出しして破ればよい。

○ウルガモス
~調整~
H16n-1
Bいじっぱガブの逆鱗耐え≒鉢巻ハッサムの石化二耐え
D臆病ラティオスの眼鏡流星耐え
S80族抜き

ほぼHSの舞うことを前提としたウルガモス。単体でクレセドラン、ドランドランを崩せる。
Sに関しては、80族に明確な仮想敵がいるわけではないが、抜いて損は無い。
C無振りであるから、雨下でポイヒガッサを落とせない等の弊害がある。
コイツでカイリューやガブを誘い、パルで破るという積みサイクルが可能。

○ボーマンダ
~調整~
B威嚇込み陽気ガブの逆鱗耐え≒威嚇無し陽気マンムーの礫耐え。
C H振り水ロトムをジュエル流星で確1
S80族抜き

知り合いが使用している配分、構成そのまんま。
全体的に重いロトムやウルガ、ガッサに隙を見せない枠。
壁構築の竜舞型にも見えなくもない。
ポケセンカップ直前までラティだったのを、ウルガがどうしようもなくコイツに変えた。

○ナットレイ
~調整~
Hぶっぱ
B陽気テラキのインファ耐え
D臆病ラティの珠めざ炎耐え
S麻痺らせたスカーフバンギラス抜き

流用個体。しかも元々の持ち物である残飯がとられており、
手持無沙汰になったため仕方なくオッカを持たせた。
そのため、珠めざ炎耐えというものは指数でしか意味を為さない。
結論としては、オッカが発動する機会は一度も無く、オボンかヨプでよかった。
採用理由としては、雨パがどうしようもなかったため。
ステロでパルウルガの抜き性能を底上げすることも出来る。

【選出】
基本選出 ライコウローブパル
対砂   ローブパルライコウorマンダ
対雨   マンダナットライコウorパル
対霰   パルウルガライコウorブシンorマンダ
対晴   ウルガマンダライコウorパル
対受けル ライコウパルウルガ

受け回し主体のPTを好んでいた僕にとって、積みサイクルPTは新鮮であり、
使っていて非常に楽しい構築でもありました。
勝率も73%強であり、被切断率も低かったため、安定して勝てるPTができたと思います。

質問はコメントでどうぞ。
スポンサーサイト
5世代 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。